社長の横顔

◆代表取締役 園主 新村 正司(しんむら まさし)

  • ・昭和27年3月 北海道東神楽町に生まれる。
  • ・昭和45年3月 北海道立旭川農業高校卒業。以後、家業の農家に従事
  • ・平成3年(39歳)から東神楽町議会議員。

◆趣味

  • ・音楽鑑賞(特に映画音楽が好き)
  • ・和太鼓の演奏も得意。
  • ・音楽家(Drum.Percussion)の新村泰文氏は長男。

子供たちの「おいしい!!」と喜ぶ顔を目に浮かべ、はや30年になります。
日本で初めてミニトマトの種子ができてからの事でした。


「おいしいものは安全!」
「まずいものに安全なものはない!」
というポリシーをもちながら失敗につぐ失敗で眠れない日も続きました。
農薬や化学肥料に頼らない栽培を目指し、
10年ほどでやっと独創的な微生物農法を体得し、
今は限りなくその方向に向かっています。
今では、三越日本橋本店をはじめ全国の有名デパート等にまで出荷できる様になり、
大きな評価を得ながら更に新しい農法の頂上にチャレンジしています。


6期務めた町議会議員を数年前に引退し、今は「トマト一筋」です。


また、趣味の和太鼓では”義経桜太鼓”という地元の団体で代表を努めていたことがあり、
日本各地の博覧会やハワイでの演奏旅行の経験もあります。
長男の泰文(ひろふみ)はその影響もあり、
ドラマーになり東京をはじめ全国で活躍しています。
応援してください。